学校での教育にまつわるはたらきや生活、ノウハウに関することをできるだけ広い視野から論じていきます。

学校教育で重要となる色々なバランス
学校教育で重要となる色々なバランス

学校での教育でみられるはたらきなどとは

PAGETITLE
はたらきという視点から学校での教育効果を考えてみると、生徒にとっては集団での立ち居振る舞いなどを自然に学ぶことができるようにするはたらきがあると分かります。学校での教育が生徒にとって有効にはたらくときは、不特定多数が集まった集団内での協調性やコミュニケーションの能力値を高める必要がある教育的場面です。家庭において行なわれる教育では、大勢が集まった状態での集団のなかでどう振舞うかを教えにくいから、このはたらきは教育効果として欠かせないとされます。

生活の点で学校での教育をみた場合、人間が行なう行動の集大成が、現実の生活においてあらゆる成果を生んでいるという事実を生徒に分からせる、という役割を担っている事が分かります。家庭教育とのバランスで考えると、生徒の生活の中で占める学校での教育の時間は生活の中の一部分であるという基本的な認識をもっていれば、多少の悩みや困難があったとしても、それを乗り越えてたくましく成長していく事ができるのです。

ノウハウの点に着目して学校での教育をみると、日本では指導要領によってノウハウは一律に設定されているから、全国でほとんどばらつきのない学習指導が行なわれるように配慮されています。それでも進度などに関してはばらつきがあるといわれますので、学校での教育状況を親は常に監視して、将来を見据えて独自にどんどん子供にいろいろと学ばせておく事は重要です。

オススメワード